4月から新しい体制に変わったSHINOBY`S BAR銀座ですが、スタッフは入れ替わったものの、それ以外は変わっていません。近いうちにリニューアルをかける予定ですので、変身前のお店にも是非早めに行っておいてください。リニューアルを前に、最近意識的に食べるようにしているのが、メニュに復活させようと思っているカレーです。
単に私がカレー好きなだけかもしれませんが、赤ワインを飲んでいると最後にカレーが食べたくなります。

と言ってもどんなカレーでも良いわけではなく、ワインの余韻を残してくれて、しかもカレー自体も香り高い。そんな、わがままなカレーです。

スープカレーを食べ歩いたり、インデアンカレーのような大阪の甘くて辛いカレーも何軒か試してみましたが、ピンと来ません。ワインを出す焼き鳥のお店でも〆にカレーを出していたので食べてみました(写真)。これはこれで美味しいのですが、少しあっさりしすぎているように思いました。

SHINOBY`S BAR銀座で以前出していた「夜食べるあさのカレー」は、ワインとの相性を考えた満足できる味だったのですが、仕込に時間がかかりすぎるという致命的な欠点があって、最終的にメニュから落とさざるを得ませんでした。

最近は考え方を転換して、自前で作るのではなく、理想の味に近いものを見つけてきて、必要であればそれをアレンジして提供するというのが良いのではないかと思い始めました。カレーの有名店の中には、業務用に販売してくれるところもいくつかあります。以前恵比寿のバーで提供されていて、大阪に行ってしまったお店もその1つです。

世の中には私と同じようにカレー好きな人はたくさんいますが、ワインとカレーとなると、急にその人数は少なくなってしまうようです。

ブルゴーニュのような繊細な赤ワインではなく、重みがあったり、スパイシーな味わいのワインを飲んだ後に、シャキッとさせてくれるような、〆のカレー。どなたか良いお店を知っている方がいれば教えてください。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、メールアドレスを登録するだけで無料でお届けします。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。