SHINOBY`S BAR 銀座に関する連載が、今週末から日経ビジネスオンラインで始まることになりました。タイトルは「内藤忍が仕掛ける隠れ家ワインバーの秘密」。開店前から今までの裏話を書いていき、秋には書籍化の予定です。

連載の詳細は、またブログでご紹介したいと思いますが、SHINOBY`S BAR 銀座は、開店から5か月目。毎月約300名のお客様にお越しいただき、新しいサービスを次々導入しています。

例えば、先月から始まったのが、無料のメールマガジン「SHINOBY’S BAR銀座通信」の配信。お店の最新情報や、読者限定のお得なサービスなどのご紹介をしていきます(前号はグラスワインのサービスでした)。お店に来るまえにチェックしてみてください。

また、開店当初と変わった点の1つが、食事にも力を入れていること。メニュは大幅に入れ替わり、腕利きシェフが毎月新しいメニュを試作して、スタッフ試食会で評価の高いものを採用していますが、6月も季節感溢れる新作が揃いました。

写真は、6月の新メニュー『夏野菜の冷製ポタージュ』(580円)です。シャンパングラスに入れてサーブする、色鮮やかなスープで、食欲をそそります。この色はとある野菜のものなのですが、材料を聞くと皆さんビックリしています(ご興味ある方は是非お店でw)。クセもなくさっぱりとして濃厚。爽やかな喉ごしをお楽しみいただけます。

それ以外にも6月限定のメニュには次のようなものが採用されました。

【6月メニュー】
活き〆鮮魚のカルパッチョ 大葉のジェノベーゼ 1,280円
新鮮なお魚の刺身に、アクセントの効いたソースが良く合います。今月のおススメ白ワインと一緒にどうぞ

6種の夏野菜ジュレ キャビア添え 780円
こちらも見た目が涼しげな初夏らしい一品。ジュレと野菜でヘルシーに仕上がった女性に人気がありそうな前菜です

生ウニと新生姜のリゾット(下の写真)  1,280円
ウニが濃厚なのに、なぜかさっぱりと仕上がっています。生姜で夏バテを解消。リゾット好きの方には是非!

阿波尾鶏のソテー ズッキーニのバターソース レモンの香り 1,380円
ジューシーな鳥に、バターとレモンのハーモニー。お肉なのにスイスイお腹に入っていきます

能登半島直送 生乳100%マルガージェラート 580円
清里で食べたアイスクリームのような、こってりとしたデザート

SHINOBY`S BAR 銀座は、5月末からネット上で住所の公開を始めました。ただし、お店の入口には看板がありませんから、迷子にならないようにお気を付けください。

所在地:東京都中央区銀座5-10-10 6階
※1Fに黄色い看板のラーメン屋『無双』が入っているビルです。
最寄駅:銀座駅(A5出口から2分)、または東銀座駅(A1出口から2分)
電話:03-6280-6757

になります。会員制ではありませんので、貸切営業でなければ誰でも予約なしで入店できます。

昨日もお店に行って、名古屋からはるばるいらしたお客様とご挨拶&記念撮影させていただきました(男性です)。今月は、毎週お店に行く予定です。もし、お会いできたら、「ブログ読んだよ」と、お気軽にお声かけください。

子どもが大きくなるように日々進化するSHINOBY`S BAR 銀座。皆さまのお越しをお待ちしています。201506新メニュ3