日経ビジネスオンラインで、週末から始まった「SHINOBY`S BAR 銀座の秘密」という連載ですが、アクセス数が予想を上回った理由の1つが、自分もやってみたいという人が意外に多いからではないかと思います。

会社で仕事をしているビジネスパーソンのような飲食の素人が、お店のオーナーになって成功するためには何が必要なのか。自分も楽しみながら、ビジネスとして成立させるのは夢物語なのか。そんな、疑問を解決できる場を作ったら面白いのではないか。

SHINOBY`S BAR 銀座の蒲池と話していて、そんなアイディアが浮かんできました。

それを実現する場を作ってみたらどうか。題して「SHINOBY`S BAR アカデミー」。以下は現時点での、私の勝手な妄想です。

講師は私と、飲食コンサルティングのプロで著書も出している岡田博紀さん。それにSHINOBY`S BAR 銀座の店長で構成します。

<アカデミーの概要>
週末(土日)にSHINOBY`S BAR 銀座で数回講座を開催
2時間講義・ワークの後、SHINOBY`S BAR 銀座特製メニュとワインで懇親会
定員は15名、希望者が多い場合は真剣度の高い方を優先
目標は自分のお店の事業計画を作成
最終目標は、資金調達して実際に事業化するところまで

<アカデミーの講義内容(案)>
1.お店のコンセプトを作る
飲食店の現実を知る
こんな場所に出店してはいけない
オンリーワンの価値はどこにある

2.トップラインを作る
広告宣伝の方法
SNSの活用
差別化の方法とその認知
レッドオーシャンで戦わない経営

3.ボトムラインを作る
コストコントロール
失敗しない内装
飲食店の禁じ手
メニュの工夫
人材の活用法

4.成長する空間を作る
トラブルは成長の源泉
変えるべきこと、変えてはいけないこと
SHINOBY`S BAR 銀座のケーススタディ

5.受講者プレゼンテーション
参加者による事業計画発表
ゲスト専門家による評価
具体的な事業化の検討

<アカデミー参加者の特典>
他では聞けない「素人目線」の店舗運営ノウハウを短期間で提供
「講義・ワーク」プラス「食事・懇親会」の充実した時間
やる気のある仲間とのネットワークの構築
開業者へのサポート(人、モノ、カネ、ブランド)の可能性

開催するかどうかは、希望者が10名集まるかどうか、そして主催者側が価値あるコンテンツが作れるかにかかっています。

どの位ニーズがあるのか、まずは知りたいので、飲食経営未経験だけど、興味があるという方はこちらのフォームからコンタクトしてみてください(参加が義務ではありませんのでお気軽に、希望内容や感想を教えてください)。

何だかまた、面白いことが起こりそうな予感がしてきました。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、無料でお届けします。メールマガジン登録会員数は、もうすぐ19,000名です!201506モエ