昨日、本年4冊目の著作が校了しました。今回のテーマは資産運用ではなく、マーケティングに関する実践書です。2月に開店した「SHINOBY`S BAR 銀座」の構想から実際にオープンするまでの経験をまとめました。装丁は黒を基調とした店内の風景を使ったもので、最終版ではありませんが、とても気に入っ ています(写真)。

「SHINOBY’S BAR 銀座」を経営して分かったのは、ビジネスの成功は飲食店でもほかの業態でもまったく同じだということです。つまり、飲食店経営によってビジネスに何が必要かを学ぶことができ、それは他の仕事にも通用するスキルになるということです。

幸いなことに「SHINOBY`S BAR 銀座」は開店初月から300人を超えるお客様にお越しいただき、その勢いは今月もまだ続いています。「素人」「看板なし」「11坪」という不利な条件でど うやってお店を成り立たせているのか。本書の中では、成功のために必要な7つの要因についてまとめて、具体的にくわしく説明していますいます。

1.前例主義から脱却する
2.「競争しない」を常に意識する
3.自分の強みを「掛け算」する
4.楽しく、前向きに行動する
5.失敗を恐れない
6.「非金銭的動機」を大切にする
7.お客様の「本当の声」に耳を傾ける

また、開店するまでの準備のストーリーや、開店してからの様々な企画とその結果についても、その裏側を赤裸々にまとめてみました。何組かの「一日店長」の皆さまにもインタビューでご協力頂きました。

とても長いタイトルの本ですが、実際にゼロから開店まで、取り組んでみて見えてきたリアルなビジネスのポイントを飲食店という業態を通してわかりやすくまとめることができたと思っています。アマゾンでは予約始まっています。どうぞ、よろしくお願いいたします!

<参考図書>
「銀座で素人が始めたファンが続々と生まれる看板のないワインバーの仕組み」 内藤忍

150725SHINOBYS-BAR-銀座-e1437773551912