「SHINOBY`S BAR 銀座」では、毎月店長会議と試食会というのを開催しています。店長会議はお店の問題点について議論する場、試食会というのは、翌月に追加するメニュをスタッフが集まって味のチェックをする場です。

8月から登場する新メニュ候補作を5つ試作してもらい、そのうちの3つが採用、2つは不採用となりました。採用になったメニュの1つが、トマトを冷凍してシャーベット状にしたものをスパイスとハーブで香り付けした冷たいスープ(写真)です。盛り付けはこれから改善しますので、見た目はシンプルですが、トマトの甘みが引き出され、スパイスがアクセントになって、ひんやりとした味わいが、ここ数日の暑い東京にぴったりです。

現在提供中のガスパチョよりも爽やかで、こちらも人気のメニュになりそうです。

飲食店の経営に関わって気が付いたことの1つは、日本人が季節に対してとても敏感だということでした。美味しいからといって、一年中同じメニュではお客さまの満足度は下がっていきます。

夏になれば、夏の食材を使った、涼しげなお料理が人気になりますし、秋から冬になると今度は暖かい、こってりとした料理に切り替えていかなければなりません。

一方で定番に人気メニュはそのまま残します。夜食べるあさのカレーやうにと生姜のリゾットのような人気メニュは、そのまま提供を続けます。定番のメニュはそのまま残しながら、毎月少しずつ新しいメニュを加えていくことで、季節感を出して、飽きられないようにする。2つのバランスが大切なのです。

ワインも来月から、また新しい白を提供することにしました。暑い夏に飲んでもすっきりと楽しめるリーズナブルなものを厳選しました。

トマトのスープ以外にも、カッペリーニを使った冷製のパスタや、白身魚のお刺身にナスとトマトを合わせジュレで楽しむ前菜など、季節感たっぷりの新作が揃い、来月もお客様をお待ちしています。

8月はお盆もあるせいか、飲食店のお客様は少なくなるようですが、SHINOBY`S BAR 銀座はお盆休みもなく平常営業。お客様が少なければその分ゆっくりとお食事とワインをお楽しみいただけます。8月限定メニュを是非味わってみてください。
image277-e1438124209188