今日は旅行の話はお休みにして、新しい企画のお話を。海外にいる間に8月の新刊「銀座で素人が始めたファンが続々と生まれる看板のないワインバーの仕組み」が今週末辺りから店頭に並ぶことになりそうです。

2015年2月に開店した「SHINOBY`S BAR 銀座」の試行錯誤のリアルな展開を書籍としてまとめたもの。一日店長のインタビューや、開店までのブログでの進捗報告、さらに初月から300名を超えるお 客様に来てもらうための素人ならではの仕掛けについて余すところなく書いてみました。

「素人」が「銀座」で「看板なし」で「毎月300人」のお客様を集めるにはそれなりの工夫が必要ですが、本を読めばわかるように特別な才能が必要なわけではありません。

「内藤さんだからできることで、私には無理」と思い込んでいる人がいますが、そう決めつけた瞬間に可能性の扉は閉じられます。私とは異なる自分の強みを上手に活用していくことで、誰でも自分のやりたいことを実現できるのです。

プロでも難しい世界ですから簡単に成功できる訳ではありませんが、そこにはロジカルなアプローチが存在します。それを体系化して学び、再現することができれば、第二、第三のSHINOBY`S BARを素人がゼロから作ることは不可能ではないのです。

お店に来店する、40代、50代のビジネスパーソンから、「自分もいつかSHINOBY`S BAR銀座のようなお店をやってみたい」「今の仕事に区切りがついたら飲食の仕事をやってみたい」という声をたくさん聞くようになりました。

お金のために仕事をするのではなく、一度しかない人生だから本当に自分のやりたいことにチャレンジしてみたいという当たり前のことを考える人が増えてきたのです。

そこで、SHINOBY`S BAR 銀座の運営をサポートしてもらっている、神楽坂kemuriのオーナー岡田博紀さんと相談して「第一回SHINOBY`S BARアカデミー」を開催することにしました。

5回の講義を4人の飲食業界のプロフェッショナルと私(素人)が講師として担当し、毎回終了後には講師と受講者で懇親しながら、さらに理解を深め、人脈を広げてもらう。将来飲食店開業を真剣に考える飲食経験の無い人に必要な知識・情報・人脈が全て手に入る講座です。

岡田さんの人脈で飲食のコンセプトから、店舗運営、集客、人材マネジメントまで多彩な講師が集まりました。

このような新しい試みは初回に参加するのが一番オイシイというのが私の経験則です。2回目3回目になると価格が上がってしまったり、講師の質が変わってしまったり、参加する人の顔ぶれが一般化してしまったりするからです。

忙しい人が多いと思いますので、欠席する場合は、動画で復習できるように対応する予定です。

定員は15名に限定して密度の濃い内容でお届けします。実際に開業したいという場合にはさらにコンサルティングなどのサポートも優先して受けられるようにする予定です(有料サービスも含む)。

やる気のある「素人」の参加をお待ちしています!

詳しい内容とお申込みはこちらから
第一回SHINOBY`S BARアカデミー

20150811